九星気学という起源が中国の占い

九星気学はもともと中国の占いで、生れた年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術の事をいいます。いろいろな占い方がありますが、基本的には生年月日によって決定された九星と十二支、吉凶を知りたい日の九星と十二支の関係で占います。



生年により決まる九星を本命星と言い、生まれ月によって決まる九星を月命星といいます。

新しい電話占いの口コミ情報なら、こちらをご参考にしてください。

九星とは、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九つです。

当たる電話占いの新しい魅力を紹介します。

九星気学の気学とは、空気のように見えない、全宇宙に存在している気の周期や方向性などをデータ化したものです。
生まれた時に決定づけられた性質と、その時のまわり(気)のあり方、占う時の本人の九星とまわりの気の状態など複雑に絡み合うエネルギーから、熟達した占い師は答えを導き出します。

その中には約2500年も前からの古代中国の占いの起源となった天体の運行や自然の変化などから導きだされた、一定の法則や周期の知恵も入っています。

このように、もともと中国の占いの九星気学は気の遠くなるような長い間、全宇宙を観察し続けて導き出された法則ですから、当たる、当たらないというよりは真実をそのまま伝えてくれる占いだと言っても過言ではありません。
注意しなければならない方位は五黄殺と暗剣殺で、その他にも凶方位は意外と多いので気をつけた方がよいでしょう。

占い師や知識のある人はけっして凶方向へは出歩きません。

屋形船の情報をお知らせします。

凶方向はその年、その日によって刻々と変化していきますので、せめてその年全体の凶方向や大事な事がある日の凶方向だけでも占い師の先生に教えてもらい、アドバイスを受けていると安心です。



http://www.jkba.or.jp/kamei_list.php
https://www.youtube.com/user/unmeinowa
http://www.jkba.or.jp/kamei_list.php